2014年1月26日 主日礼拝

詩編 19篇
國分広士牧師

1.神の栄光を語るもの(1-6)

世界を見て、造り主のみわざを思う。自然は何も語らなくても、その存在自体が、偉大な創造者の存在を物語っている。世界は静止しているのでなく動いている。日は沈むがまた上る。冬を堪え忍べば春がくる。世界は無意味に動いているのではなく規則的に、いのちを守るように動いている。世界には全てを慈しむ偉大な創造者の愛があふれている。

2.神ご自身の教え(7-8)

太陽の光が全てを明るく照らすことに注目。太陽と同じように主から与えられている主の教えは、全ての人の心を照らす。太陽はまさにそのことを語っている。その輝きで、主の教えのすばらしさをあかししている。

3.それを見て良しとされた(9-14)

心が照らされると、隠れている罪も明らかになる。神には隠し事はできない。それでも自分には罪はない、責められるような問題はないと思うのは傲慢。主を恐れ、悔い改めて赦しを願おう。みことばは悔い改める者の罪を主が赦してくださると教えている。罪が赦されると、たましいが生き返る。真に人のたましいを生き返らせる主を信じよう。