> 礼拝メッセージ > 2020年1月

礼拝メッセージ(2020年1月)

2020年1月26日

宣教者:國分広士牧師
聖書箇所:ヨハネの福音書 14章1節〜6節
宣教題:救いの道は一つ

1

ヨハネの福音書13-17章は、イエス様の受難(逮捕・裁判・十字架)の直前の出来事(洗足・晩餐・教え・祈り)が詳しく記されている。その教えの中で多くの有名な主のみことばが語られたが、14:6は特に有名な一節。

2

「心を騒がせ」るような出来事が周囲に満ちていた。イエス様を逮捕し殺そうという企みが、その時同時に進行していた。弟子たちはそこまで深刻には思っていなかったが、うすうす危険は察知していた。

3

「父の家」とは「天国」、もしくは「新天新地」を意味している。多くの表現があるのは、行かなければわからない世界をイメージさせるには、一つの表現だけでは足りないからだろう。「父の家」という表現には、優しさや懐かしさがあり、行ってみたくなる。父の家に私たちの場所も用意してくださるとは、なんと感謝なことか。

4

トマスはイエス様の話が理解できず質問した。彼の率直な質問が有名な6節を引き出した。主はすべてのものをご自分の目的のために造られた。箴16:4トマスが主イエスに疑問をぶつけられたのは幸いだった。

5

イエス様が道・真理・いのち。これは「救い」を表す表現。「救い」も、ひとつのことばだけでは表しきれないので、いくつものことばで表現される。

6

「でなければ」とは、他の可能性を否定する。ノアの箱舟を思い出そう。他に救いの道はなかった。箱舟に入らなかった者は滅ぼされた。
一覧表に戻る

2020年1月12日

宣教者:國分広士牧師
聖書箇所:創世記 3章1節〜13節
宣教題:何ということをしたのか

1 「あなたは何ということをしたのか」

2 何をしたのかをよくふりかえろう

一覧表に戻る

2020年1月5日

宣教者:國分広士牧師
聖書箇所:創世記 1章24節〜31節
宣教題:非常に良かった

1 神のことばによる世界の創造

2 神の似姿に造られた人間

3 神は良しと見られた

一覧表に戻る