> 礼拝メッセージ > 2019年9月

礼拝メッセージ(2019年9月)

2019年9月22日

宣教者:國分広士牧師
聖書箇所:マタイの福音書 24章35〜51節
宣教題:終わりの時は突然来る

1 天地は消え去る(35)

2 ノアの日と同じように実現する(36-39)

3 一人は取られ一人は残される(40-42)

4 泥棒は思いがけない時に来る(43-44)

5 主人は思いがけない時に帰ってくる(45-51)

6 主が来られるまで、主に喜ばれるか、厳しく罰されるかは確定していない。その時がいつかはわからないのだから、今、悔い改めて、主を信じよう。

一覧表に戻る

2019年9月15日

宣教者:國分広士牧師
聖書箇所:ヨハネの黙示録 21章1〜8節
宣教題:涙をぬぐってくださる方

1 新しい天と新しい地(1)

2 神は人々とともに住み(3)

3 涙をことごとくぬぐい取ってくださる(4)

4 すべてを新しくする(5)

5 初めであり、終わりである(6)

6 第二の死(8)

7 勝利を得る者 

一覧表に戻る

2019年9月8日

宣教者:國分広士牧師
聖書箇所:詩篇 71篇
宣教題:若い日からの拠り所

序:敬老礼拝のみことばとして詩篇71を学ぶ。ここには、若い日から年老いて人生の終わりに到るまで変わらない、主への求めと賛美が述べられている。

1(1-4) 救いの訴え

 1.救いを求める訴えは、誰に向けられるのか?誰でもいいのか?そうではない。
 3.味方でないものに訴えるなら、無視されるか攻撃されるかもしれない。救いは「私の巌」である「主」に求めなくてはならない。

2(5-9) 救いを求める根拠

 5.なぜ主に求めるのか。それは「私の望み」「若い日からの拠り所」だから。
 6.主は生まれた時から私を抱いている。造り主だから。
 7.これまでの歩みの中で「奇跡」とも思える助けを経験してきた。主は愛のゆえに人生の歩みの中で具体的な助けを与えてくださる。最大の奇跡はキリストの十字架による罪の赦し。
 9.これからも、年老いるまで見捨てないでほしい。人生の終わりまで。

3(10-15) 救いを必要とする状況

 10.「敵」が自分を攻撃している。敵は外側からも心の内側からも攻撃してくる。
 11.「神は彼を見捨てたのだ」という声は、音声として聞くより、自分の心の内側から自分を攻撃する声。神に見捨てられたら望みはないが、それは敵の声であって、真実ではない。
 15.自分は神の義と救いを全て知っているわけではない。わからないこともたくさんある。でも神が自分を愛しておられることは信じている。だからあくまで頼る。

4(16-21) 救いを信じる

 16.不安や恐れではなく、神の義を心に留め、神の力とともに行こうと決意する。
 17.もっと若い頃から素直に神の教えを学び、それを喜んできた。
 18.その歩みを続ける。神は幼子を愛するが、白髪頭になった者も神の前では幼子。神に愛されている者として、神のすばらしさを伝える。
 20.神は自分に苦難も経験させたが、
  「再び生き返らせ」てくださることを信じる。
  「地の深みから再び引き上げてくださ」ることを信じる。
  苦難も救いも、自分でなく神のもの。私たちは神の手のなかにある。
  ※「再び」が繰り返されている。生きる限り望みはある。

5(22-24) 救い主への賛美

 22.神は本当に真実。神は裁き主だが救い主でもある。義だけでなく救いを味わってこそ、真に神の真実を知ることができる。
 23.罪を贖われたたましいこそが、神をほめ歌う。賛美は、赦されたたましいの叫びなのだ。

結:人生の経験が長いほど、苦労も幸いも味わう。成功も挫折も味わう。悲しみも喜びも味わう。その経験が整理されないなら「いろいろあった」と言うだけ。  ・振り返ったときに、自分の人生を計画を持って導いておられる主がおられることを発見できる者は、心から主をほめ歌う。  ・主に求め、救いをいただき、ほめ歌う者にしていただこう。  
一覧表に戻る

2019年9月1日

宣教者:國分広士牧師
聖書箇所:マタイの福音書 24章1〜44節
宣教題:消えるもの 消えないもの

1 人に惑わされないように気をつけなさい(4)

a.主イエスは終末の前兆として起きる数々の事柄をあげられた。 b.それらはキリストが再臨する前兆。

2 天地は消え去る(35)

3 主のことばは消えない(35)

一覧表に戻る