> 礼拝メッセージ > 2014年7月

礼拝メッセージ(2014年7月)

今月のみことば
神である主は仰せられた。 「人が、ひとりでいるのは良くない。  わたしは彼のために、彼にふさわしい  助け手を造ろう。」(創世記 2:18)



2014年7月27日

國分広士牧師
聖書箇所:コリント第一 15章3節〜4節
宣教題:「最も大切なこと」
國分牧師

1.キリストは

「キリスト」という言葉は「油を注がれた者」という意味。特別な使命(王、祭司、預言者)に任職する時に頭に香油を注ぐ儀式を由来とする。旧約のキリストたちは王として神の正義を行い、祭司として神に仕える宗教をリードし、預言者として神の教えを伝えた。旧約聖書はやがて主が偉大なキリストによって救いを与える事を約束している。

2.聖書の示すとおりに私たちの罪のために死なれた

その救いは、人間の想像を超えた形で与えられた。キリストは私たちの罪の犠牲となって死なれた。罪のない方が、罪ある者の身代わりとなられた。罪に勝つには、罪を処罰するしかなく、救いと処罰の両方を実現するには身代わりしかなかったのだ。

3.聖書の示すとおりに三日目によみがえられた

さらに人間の想像を超え、死からよみがえられた。死で終わってキリストがいなくなるのでは、将来への希望もなくなる。死につつ存在し続けるためには、一旦死んでよみがえる以外にはなかった。また復活によって、いのちを創造する神の力が発揮され、主イエスこそ真のキリスト、真の救い主であることが示された。この方を信じる者は救われる。
音声を聞く(MP3 64Kbps 20分)


一覧表に戻る

2014年7月20日

國分広士牧師
聖書箇所:創世記 8章1節〜22節
宣教題:「主は心を留めておられた」
國分牧師

1.主は心を留めておられた(1-5)

大水の中を、ただ一艘ただよう箱船。ひょっとすると大海の上に居るのかもしれない。そうなれば、たとえ大水がひいても陸に上がることはできない。何の情報もない箱船の中で、頼りになるのは「主は自分たちを見捨てない」という信仰のみ。主は確かに心を留めておられた。箱船はアララテの山上に留まり、海上に流れ出る事はなかった。

2.主の許しが出るまで待つ(6-19)

水がひいた直後は安全とは言えない。ノア達は主の許しが出るまで箱船に留まった。だんだんと外の状況が落ち着いて行くのを待つ期間、早く外に出たいという思いを抑えるのは「主がふさわしい時を与えて下さる」という信仰だった。

3.まず神を礼拝した(20-22)

箱船から出たノアの最初の行動は、祭壇を築き、いけにえをささげることだった。すなわち神を礼拝した。自分たちを滅びから救って下さった神への感謝をあらわし、これからも神に従うことを誓ったのだろう。貴重な動物の中からいけにえをささげることができたのは、神への深い信頼の現れ。「自分のしたいこと」より「神に従う」ことを優先する者は幸い。
音声を聞く(MP3 64Kbps 23分)


一覧表に戻る

2014年7月13日

國分広士牧師
聖書箇所:創世記 7章1節〜24節
宣教題:「主が扉を閉ざされる時」
國分牧師

1.七日前の予告(4)

主はノアに「あと七日」と、滅びが迫っていることを予告した。これほど巨大な建造物を造るだけで有名になり、箱船の目的も人々は知っていたに違いない。息子たちの嫁たちの家族や、ノア自身の親族も大勢いただろう。ノアは人々に箱船に乗るよう勧めたに違いない。しかも動物達が続々と乗り込んでおり、警告は十分すぎるほど与えられていた。

2.主が戸を閉ざされた(16)

七日後、結局箱船に乗ったのは動物達とノアの家族だけだったが、最後に乗ったノアの背後の戸が、主ご自身によって閉ざされた。乗らなかった人々は「本当に危なくなったら乗せてもらおう」と思っていたのかもしれないが、雨が降り出す前に戸は閉じられた。主は寛容に救いの機会を与えるが、裁きの時にはもはや甘えは許されないのだ。

3.消し去られた(23)

「消し去られた」とは、非常に強い表現。そこに存在していた痕跡もなくなってしまうといいうこと。洪水以前の人々については、ごくわずかの人の名前しか記録に残らない。ほとんどの人々は文字通り消し去られた。神の裁きはなんと徹底していることか。存在そのものを消し去ることができるお方を恐れよう。
音声を聞く(MP3 64Kbps 20分)


一覧表に戻る

2014年7月6日

國分広士牧師
聖書箇所:創世記 6章5節〜22節
宣教題:「その時代にあっても」
國分牧師

1.悪い時代に正しい人

「鳥インフルエンザ」が発症すると、その鳥小屋の全ての鶏が殺処分される。しかし神は罪を滅ぼすだけでなく、神を信じる者を救い出す。そしてこの救われる人に、自分と他の者を救うための計画を実行させる。正しい人とは、道徳性だけでなく、神に従う人。

2.救いの舟

箱船は長さ130mと極めて大きい。長さと幅の比率6対1は、ひっくりかえりにくい安定した比率。木造だが内と外をやにで防水。内部は三層構造で、多くの動物や食料を積み込める床面積を確保している。出入りのために各階の側面に戸口。最上部に天窓を作って換気も確保。まさに洪水を生き延びさせるための計算し尽くされた設計。建造にはどれほどの労力と犠牲が必要だったか。

3.命じられたとおりに

ノアは自分なりにベストを尽くしたとは書いてない。神に命じられたとおりにしたのである。私たちは難しい課題を示されたら、ノアのように聞き従えるか?それが私たちに問いかけられていること。悪い時代だからと言い訳をせず、ノアのように神に従おう。
音声を聞く(MP3 64Kbps 28分)


一覧表に戻る